【東京】中谷元・防衛相が連休明けの5月上旬にも来県し、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設などについて翁長雄志知事と会談する日程を最終調整していることが28日分かった。米国での日米の外務・防衛の閣僚級会談を踏まえたもので、5月9日を軸に調整している。

 昨年12月の翁長知事就任以来、閣僚級の来県は今月上旬の菅義偉官房長官に続いて、2回目。

 中谷氏は、普天間飛行場に所属する航空機部隊や訓練の県外移設、嘉手納基地以南の基地返還を進めることで基地負担軽減を図り、名護市辺野古の新基地建設に向けた県側の理解を得たい考え。