サッカーの明治安田J3第8節は29日、各地で行われ、7位のFC琉球は山口県の維新百年記念公園陸上競技場で首位のレノファ山口と対戦し、3-4で敗れた。通算成績は2勝2分け4敗で8位に後退した。

 前半10分、山口のMF島屋八徳に先制を許したが、30分にFW松尾昇悟、44分にはMF小幡純平の連続ゴールで逆転した。

 後半5分にはFW中山悟志の2試合連続ゴールでリードを2点に広げたが、11分と24分に2失点し、3-3の同点に追い付かれた。琉球は4選手を入れ替えてゴールを狙ったが不発。後半ロスタイム決勝点を奪われ、4敗目を喫した。

 次戦は5月3日、東京都町田市立陸上競技場で、4位のFC町田ゼルビアと対戦する。