首位レノファ山口との初対決で、FC琉球は後半ロスタイムに失点して勝ち点を逃した。薩川了洋監督は「3点取れたことは評価するが、4点取られたのはディフェンスが情けない」と守備陣に苦言を呈した。 格上相手に1点をリードして試合を折り返した。