翁長雄志知事が休日の29日、県庁で臨時会見し、日米首脳会談の内容に反論した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設推進を確認した両政府に、移設反対の立場から強い憤りを示し、この計画が地元の理解を得ていないことを即座に伝える狙いがある。国内や米国への発信力、世論に与える影響力を意識した対応と言える。