【浦添】英語と中国語の2カ国語を話せる“スーパー人材”を育成しようと、浦添市が独自に運営する学校「浦添市スーパー・コミュニケーショナル・スクール」がある。キャンプ・キンザー沖の埋め立て地(第1ステージ)に大型ホテルやショッピングモールが進出するのを見越し、外国人観光客を地元人材でもてなす狙いだった。