沖縄県農林水産部は30日、県内北部と中部の3農場で豚流行性下痢(PED)の疑いがある養豚1227頭が確認されたと発表した。うち、子豚3頭が死んだ。PEDと診断されれば県内での発生は約4カ月ぶり。人に感染することはない。県は農場入り口での消毒や衛生管理の徹底などを呼び掛け、確定検査を急いでいる。

 確認されたのは、うるま市内の2農場と東村内の1農場。28日、うるま市の1農場から中央家畜保健衛生所に下痢の症状を示していると通報があったため、衛生所が農場の立ち入り検査を実施。29日に遺伝子検査で陽性が確認された。

 同日、衛生所が隣接するうるま市内の他農場や、発生農場と取引のある東村内農場への聞き取り調査をしたところ、下痢の症状があると確認され、遺伝子検査で陽性を示した。

 発生原因や感染経路は現在調査中。豚の移動自粛や畜舎の消毒などでまん延防止措置を取っている。畜産課によると30日現在、3農場以外での異常は確認されていない。