名護市辺野古の新基地建設に反対する県議や平和団体、経済人、文化人などは30日、那覇市内で会見し、17日午後1時から沖縄セルラースタジアム那覇で「戦後70年止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会」を開催すると発表した。翁長雄志知事の就任後、最大規模となる3万人以上の規模を目指し、多くの県民に参加を呼び掛けた。大会後に訪米して要請行動することも検討している。

17日の県民大会へ参加を呼び掛ける呉屋守將共同代表(前列中央)=30日午後2時すぎ、那覇市旭町・サザンプラザ海邦

 大会には知事も参加を予定。共同代表らは大会後の24~26日に、首相官邸への要請や在京市民団体と協力する国会包囲など東京行動を展開し、その後の訪米行動も検討する。

 会見に先立ち結成された実行委員会は、共同代表に県出身で芥川賞作家の大城立裕氏、元白梅学徒の中山きく氏、稲嶺進名護市長、辺野古基金共同代表で金秀グループの呉屋守將会長、島ぐるみ会議共同代表としてかりゆしグループの平良朝敬CEO、連合沖縄の大城紀夫会長とすることを確認した。