4日午前0時ごろ、沖縄県宮古島市の伊良部大橋から同市に住む男性介護士(32)が海に転落し、約7時間後に見つかったが、死亡が確認された。宮古島署によると、男性は大橋の中央付近で欄干を乗り越え、高さ約30メートルの橋桁から転落。水深約18メートルの海底で沈んでいるのを宮古島海上保安部の潜水士が発見した。男性は交際相手の女性にプロポーズし、承諾された直後に転落したという。

男性が転落した伊良部大橋。直下では海上保安庁の職員がボートで捜索をした=4日午前6時55分、宮古島・伊良部大橋

 同署が転落の原因と、司法解剖で死因を調べる。男性は酒を飲んでいたという。

 同署などによると、女性が運転する車で伊良部島から宮古島へ走行中に大橋の頂上付近にある緊急車両用の駐車スペースに車を止め、雑談中にふざけて高さ1・35メートルの欄干を乗り越え、橋桁の縁に立って足を滑らせ海へ落ちた。橋桁は鉄製で、約1メートルの平たんな部分から先は海に向かって傾斜になっている。

 転落直後、女性から「男性が橋から落ちた」と110番通報があり、警察や消防、海保が捜索していた。

 伊良部大橋は伊良部島と宮古島を結ぶ全長3540メートルで、全域が駐停車禁止。通行無料の橋としては国内最長として2015年1月31日に開通した。県土木建築部宮古土木事務所によると開通以来、転落死亡事故は初めて。