沖縄電力は30日の取締役会で、新たな副社長に取締役総務部長の本永浩之氏(51)、取締役離島カンパニー離島事業部長の島袋清人氏(51)を、それぞれ昇任させるなどの役員人事を内定した。大嶺満社長(59)、石嶺伝一郎会長(66)は再任され、両副社長を含め4氏が代表権を持つ。6月26日の定時株主総会、その後の取締役会で正式決定する。

本永浩之氏

島袋清人氏

本永浩之氏 島袋清人氏

 役員人事では、取締役企画本部企画部長の仲里武思氏(53)、取締役経理部長の恩川英樹氏(53)がそれぞれ常務に昇任。IT推進本部理事の宮里学氏(57)、お客さま本部理事配電部長の仲宗根斉氏(52)が取締役に昇任する。社外取締役に沖縄セルラー電話の北川洋氏(65)、ANACargo社長の岡田晃氏(59)が就く。

 現副社長の池宮力氏(58)は沖縄プラント工業社長に、知念克明氏(57)は沖電開発社長に就任予定。現常務の玉城直氏(61)は沖縄エネテック社長に、山城克己氏(56)は本社の常任監査役となる。