沖縄電力は4月30日、5月31日を基準日に、株主の所有株式1株を1・5株に分割すると発表した。株主への利益還元と流動性を高めるのが目的で、2007年以来5度目の分割。15年度末の配当予想では14年度と同額(1株当たり年間60円)を見込んでおり、実質増配となる。

 分割で増加する株式数は876万2361株で、分割後の発行済み株式総数は2628万7084株。効力発生日は6月1日。今回の分割に伴い、定款の発行可能株式総数を3千万株から4500万株に変更した。