琉球銀行と沖縄銀行は1日、10日間のインターンシップで就業体験をした大学生の発表会を、それぞれ開いた。経済の仕組みを学び、営業店で実習を受けた大学生が、学生ならではの自由な発想で県経済の活性化に向けたアイデアを発表した。 琉銀では45人が参加。