【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で1日午前、引き続き2基のスパット台船で海底調査をしているのが確認された。両方とも掘削用のくいが海中に伸びており、昨日、長島付近に移動した台船には作業員の姿もみられた。

スパット台船で海底調査を進める作業員ら=1日午前9時30分ごろ、名護市辺野古

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では、午前7時ごろから新基地建設に反対する市民約30人が抗議した。