沖縄海邦銀行(上地英由頭取)は1日、2015年3月期の単体業績予想の経常利益を昨年5月の公表値から50%増の30億円に上方修正した。純利益は61・5%増の21億円に引き上げた。

 貸出金が当初予想よりも伸び、資金運用収益が増加。貸倒実績率の低下で、与信費用も減少し、経常利益、純利益とも予想を上回る見込みとなった。連結の業績予想は、経常利益が52・2%増の30億円、純利益は64%増の21億円に上方修正する。