沖縄電力(浦添市、大嶺満社長)は1日、吉の浦火力発電所(中城村)の発電用燃料で使用する液化天然ガス(LNG)の他社向けの供給事業を始めた。北中城村のアワセ土地区画整理事業地内の専用施設からイオンモール沖縄ライカムなどに自家発電・空調用燃料として供給。沖縄ガスへの供給も本年度中に始める。初年度の供給量は約2万2千トン、売上高は約12億円を目指す。

液化天然ガス(LNG)の供給事業開始を記念し、沖縄電力の大嶺満社長(中央)ら関係者がテープカットした=中城村、吉の浦火力発電所

 同社は2012年、同火力発電所の業務開始に伴い、県内で初めてLNGを導入。大阪ガスから年間40万トンを購入している。県内の産業・商業用のニーズに対応するため、発電所内に供給設備を建設。子会社のプログレッシブエナジー(宜野湾市、高木直久社長)が販売を手掛け、りゅうせきロジコムのタンクローリー2台でアワセ地区に2千トン、沖縄ガスには導管で年間約2万トンの供給を予定する。

 同日、関係者が出席し、初出荷を祝った。大嶺社長は「総合エネルギー事業の記念すべき第一歩。電気とガスのベストな組み合わせを提案し、需要を掘り起こしたい」と抱負を述べた。