沖縄県内唯一の製鉄会社の拓南製鐵(那覇市、古波津昇社長)の工場見学会が1日、沖縄市海邦町であり、建設関係者や学生らが車や家電のリサイクルや製鉄の工程を見学した。同社の新中城工場と、工場に隣接する拓南商事(うるま市、古波津昇社長)リサイクル工場で実施。毎年開催しており、今回で18回目。過去最多の約1200人が見学した。

仕上がった鉄筋を広げて冷ます工程を見る見学者=1日、沖縄市海邦町・拓南製鐵の新中城工場

 リサイクル工場ではテレビやエアコン、車などを解体し資源ごとに分別し、1カ月に約8千トンのスクラップを拓南製鐵に出荷。新中城工場では拓南商事と県内業者から出荷されたスクラップから、月約1万5千トンの鉄筋などを製造している。