プロバスケットボールTKbjリーグの琉球ゴールデンキングスは2、3の両日午後1時から、沖縄市体育館で大分ヒートデビルズとプレーオフ西地区1回戦を戦う。チーム初のリーグ連覇を目指し、熱い戦いが始まる。

プレーオフ大分戦へ向け実戦形式で練習するキングスの選手たち=4月30日、宜野湾勤労者体育センター

 レギュラーシーズン最後の大分戦では、得点源のドゥレイロン・バーンズをけがで欠いていたとはいえ、69-72と敗れているだけに油断は禁物だ。

 ベテランがそろう大分を相手に伊佐勉ヘッドコーチは「守備を完璧にしてプレッシャーをかけたい」と意気込む。元キングスの澤岻直人(北中城高-法政大出)、キングス練習生だった大城弘樹(豊見城南高-九州産業大出)も所属する。

 2014~15シーズンの最優秀6thMan(シックスマン)を受賞したキングスのバーンズは「どのチームが相手でも圧倒したい」と気合十分だ。シーズン最終戦で出場を回避したアンソニー・マクヘンリーも「いかにミスを抑えられるか。厳しい戦いに向け準備はできている」と力強い。爆発の期待がかかる岸本隆一は「キングスはまだ成長できる。大分戦をその機会にしたい」と先を見据えた。