ゴールデンウイークは2日から後半の5連休に入った。沖縄市の県総合運動公園では1日、満開となったテッポウユリの観賞や一足先にキャンプを楽しむ家族連れらでにぎわった。

青空の下、笑顔で元気よく遊ぶ児童たち=1日午前、県総合運動公園(渡辺奈々撮影)

 青空の下、公園で元気に遊ぶ子どもたちも5連休を心待ちにしている。

 遠足で訪れていた比屋根小学校4年生の大城佳吾君は「お父さんと友達と、釣りに行くのが楽しみ」と笑顔。同級生の喜屋武滉大君も「部活の合宿があるので、みんなと楽しく参加したい」と話した。