「カラテ、カラオケ、マンガ、アニメ、そしてもちろんエモジ」。安倍晋三首相を迎えたオバマ米大統領は、記者会見で日本発の若者文化を日本語で列挙し、持ち上げた。歓待ぶりを、全国メディアは「異例」と報じた

▼でも、それは当然だろう。首相は米国が望む通りに振る舞ったのだから。国会提案もしていない安保法制を「夏までに成就させる」と約束した。集団的自衛権を解禁し、自衛隊が米軍に従って「地球の裏側」まで行けるようにする

▼日米安保条約で、米国には日本を守る義務がある。日本には義務がないから、米国の負担ばかりが重いようにいわれてきた。「守っていただく」という論調だ

▼実際には、日本が代わりに米国の望む基地を提供し、釣り合いは取れていた。集団的自衛権で日本も米国を守るようになれば、そのバランスが崩れる。むしろ、日本の負担が重くなる

▼首相が「この道しかない」と突き進むなら、沖縄を含む基地提供を減らすのが筋だろう。それなのに、辺野古新基地建設を確約し、基地維持に不可欠な思いやり予算の更新も協議するという。首相が言う「国益」の収支に、国民の負担は勘定されないのだろうか

▼オバマ大統領は「日米同盟の本質」として「オタガイノタメ」という日本語を引いた。沖縄からは「ひたすら米国のため」に見える。(阿部岳)