相撲の第37回OTV杯争奪全沖縄選手権大会は3日、那覇港新港ふ頭特設相撲場で行われ、高校個人の部決勝は1年の島袋夢蔵(中部農)が崎山喜一(北部農)を寄り切って優勝した。中学は當眞嗣斗(浦添)が城間瑠正(同)を寄り切りで破り2連覇。

高校個人決勝 左下手を取った中部農林の島袋夢蔵(右)が、北部農林の崎山喜一を逆転の寄り切り=那覇港新港ふ頭特設相撲場(渡辺奈々撮影)

 一般は山本浩太が宮城全希を下手出し投げで下した。高校団体は北部農林、中学団体は浦添Aが制した。

 小学個人は1年玉城伝紳(てだこ)2年八巻勇杜(伊江西)3年眞榮里優翔(てだこ)4年新里一朗(同)5年新川将吏(伊江西)6年玉城頼(智心館)が優勝した。5、6年生の優勝者は全国わんぱく相撲大会(8月・両国国技館)の出場権を得た。