来年2月の名護市長選で、自民党沖縄県連名護市支部の候補者擁立作業が袋小路に入りかかっている。同支部が決定した野党市議の渡具知武豊氏に、党本部が「勝てる候補を」と難色を示したからだ。再考を促された地元は、従来の方針を堅持すると確認。