県は6日までに、総額約48億円の一般会計補正予算案を県議会9月定例会に提出する方針を固めた。県立普天間高校移転のための用地取得を目的とした基金の積み増しや、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」の侵入防止対策などに充てる。7日の庁議で決定する。 全国的に発見が相次ぐヒアリの対策に約1600万円を計上。