かりゆしグループ(平良朝敬CEO)は、那覇市泉崎にある本社ビルとグループ会社が入居するビルを改装し、低価格のローコストホテルとして営業を始める。

 グループ会社が入居するビルは7月に改装工事を着工し、10月オープンを目指す。客室は25部屋。

 本社ビルは2016年4月に那覇市曙に移転する予定。本社ビルを改装したホテルは部屋数50部屋で16年の7~8月開業を目指す。いずれも部屋の広さは12~14平方メートルを確保する。価格は4千円程度で、低価格のシティーリゾートホテルとして提供する。部屋ごとに違った内装にし、特徴あるホテルを目指す。年間稼働率は85%を目標にする。

 新設する本社ビルは5階建てで1階~3階が駐車場、4~5階がオフィスになる。

 平良CEOは「既存の建物をホテルとして改装することで有効活用できる。新たなモデルとなるように努めたい」と語った。