第19回「日本伝統文化振興財団賞」を琉球舞踊家、組踊立方の佐辺良和が琉球芸能から初めて受賞することになった。同財団が伝統芸能分野で将来の活躍が期待される優秀なアーティストを毎年1人顕彰する。