「ディズニー夢と魔法の90年展」開催を記念した「絵本のよみきかせ会」が5日、那覇市の県立博物館・美術館であった。家族連れなど約60人がディズニーの絵本の世界を楽しんだ。

絵本の読み聞かせに夢中になる子どもたち=5日午前、那覇市おもろまちの県立博物館・美術館

 会場では県子どもの本研究会の山内淳子会長(62)と、会員の島尻千賀子さん(50)が「夢みるオラフ」など2作品を読み上げた。

 ディズニー展は6月28日まで。入場料は一般1千円、高大生800円、小中学生500円。記念企画は5月10日午後2時と3時半、美術館野外展示場で「シネマミュージックミニコンサート」などが予定されている。参加無料。