安慶田光男前副知事が2016年の教員採用試験を巡り、特定の受験者に関して「何とかならないか」と平敷昭人県教育長に働き掛けていた疑いが浮上した。強制的な指示ではないとしても、常識的に見れば「不当な圧力」に他ならない。 安慶田氏は疑惑を全面否定している。しかし現職の教育行政トップが証言した事実は重い。