元沖縄県議会議長の平良一男(たいら・かずお)さんが6日午後1時、肺炎のため中部徳洲会病院で死去した。91歳。旧与那城村出身。自宅はうるま市勝連平安名1654。本土復帰前に立法院議員に当選し、県議会議長、自民党県連会長など要職を歴任した。告別式は9日午後3時から4時、うるま市具志川1508の具志川葬斎場で。喪主は次男の守男(もりお)さん。

띱平良一男氏

 平良さんは県立農林学校を卒業後に勝連青年学校などで教員として働き、1968年に立法院議員選挙で初当選し、72年に県議となり6期連続で当選した。

 88年に県議会議長に就任。92年までの任期中は西銘順治氏から大田昌秀氏への県政交代があり、中立公正な議会運営に努めた。自民党県連では会長、幹事長の要職を歴任。99年に県功労者に表彰された。