県立6病院は、過去2年にさかのぼり、医師などの時間外勤務未払い分の支払いを始めている。対象は6病院で延べ830人、未払い額は約18億6千万円に上る。復帰直後の内部通知に基づく慣例として、主に救急当直医などの割増賃金が低く抑えられてきた。労基署の是正勧告により、長年の悪癖が明るみに出た形だ。