米政府が国連安全保障理事会に提示した北朝鮮制裁決議原案は、核・ミサイル開発を続ける金正恩体制に残された外貨獲得手段を封じ、全方位で締め付けを狙う。大量の北朝鮮労働者を受け入れている中ロに加え、北朝鮮がひそかに関係を築いてきた東南アジアや中東、アフリカ諸国の対応が鍵を握る。