【伊江】4月から運用を開始した救急患者搬送船「みらい」の運航式典と祝賀会が4月23日、伊江村川平の伊江島はにくすにホールであった。医療機器を兼ね備えた救急患者搬送船は県内初。内閣府および北部広域市町村圏事務組合理事長の稲嶺進名護市長や、村内の関係団体ら約100人が出席し、運航開始を祝った。