沖縄と兵庫両県の絆を強め、郷土発展に貢献する地域リーダーの育成を目指す「第45回沖縄・兵庫友愛キャンプ」(主催・沖縄県)の開会式が7日、那覇空港であった。両県の20〜30代の学生や社会人ら計23人が、3泊4日の日程で首里城や糸満市の轟壕、県平和祈念資料館などを見学し、平和について考える。