サッカーの明治安田J3は6日、各地で第10節が行われた。9位のFC琉球は、県総合運動公園陸上競技場で6位のブラウブリッツ秋田と対戦し、2-0で勝利した。

FC琉球-ブラウブリッツ秋田 後半41分、琉球の才藤龍治がヘディングで2点目を決める=県総合運動公園陸上競技場(伊藤桃子撮影)

 前半は両チームともに決定機をつくれず、0-0で折り返した。後半、風上に立った琉球は18分にMF小幡純平のミドルシュートで先制点を奪った。その後は優位に試合を進め、41分には右CKから途中出場のFW才藤龍治が頭で合わせてダメ押しの2点目。守備陣も冷静に反撃をしのぎ、今季初の完封勝ちで3試合ぶりの白星を挙げた。

 通算成績は3勝2分け5敗で勝ち点は11。順位は9位のまま。次戦は10日、神奈川県相模原ギオンスタジアムで、3位のSC相模原と対戦する。(観客数1028人)