【平安名純代・米国特約記者】米議会調査局はこのほどまとめた日米関係に関する報告書で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を「2013年に大きな障害を克服したにもかかわらず、地元の多くの政治家や活動家らは米軍再編計画に反対している」と指摘し、移設計画が予定通りに進まない可能性があると分析した。