沖縄県警名護署は9日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、自称本部町今帰仁村消防組合の男(58)=本部町=を現行犯逮捕した。呼気から基準値の4倍強のアルコールが検出された。調べに対し「パチンコをしながら缶ビールを4本程度飲んだ」と容疑を認めているという。

(資料写真)名護署

 逮捕容疑は9日午前1時ごろ、名護市大中の市道で、酒気帯び状態で普通乗用車を運転した疑い。

 名護署によると、巡回中の警察官が蛇行する車を発見。運転手に職務質問したところ、男から酒のにおいがしたという。

 同消防組合消防本部は「事実関係を確認中」としている。