ゴーヤーの日の8日、県産ゴーヤーの消費拡大を目指すゴーヤーの日セレモニー(主催・県農林水産物販売促進協議会)が南風原町のJAファーマーズマーケット南風原くがに市場で開かれた。

新鮮なゴーヤーを買い求める客でにぎわうJAファーマーズマーケット南風原くがに市場の店内=8日、南風原町・同市場

 浦崎唯昭副知事が「栄養豊富で爽やかな苦みのあるゴーヤーが全国の食卓を彩ることを祈念する」とゴーヤーの日を宣言。市場内は新鮮なゴーヤーを買い求める多くの客でにぎわった。

 ゴーヤーの日はゴーヤーの消費拡大などを図る目的で県が1997年に宣言。8月5日までの約3カ月間、県内外へゴーヤーをPRする期間としている。