「まちぐゎーのそばを食べ尽くせ」をキャッチコピーに、那覇市の商店街の飲食店29店舗が参加する「沖縄そばスタンプラリー」(主催・まちぐゎー案内所ゆっくる)が、10月31日まで開催中だ。全店舗で沖縄そばを食べてスタンプを集めると、先着10人に「そばじょーぐー」の認定証とオリジナルTシャツがプレゼントされる。

「多くの人に知ってもらう機会」と話す「そば処大笑」の下里勇治さん=7日、那覇市・同店

スタンプラリー参加を呼び掛ける畑井モト子さん=7日、那覇市・まちぐゎー案内所ゆっくる

「多くの人に知ってもらう機会」と話す「そば処大笑」の下里勇治さん=7日、那覇市・同店
スタンプラリー参加を呼び掛ける畑井モト子さん=7日、那覇市・まちぐゎー案内所ゆっくる

 7日までに6人が認定。第1号の菅原啓さん(60)は、1日2杯ペースで食べ進め約2週間で完食。「店舗ごとに麺とだし、具材の違いがある。いろいろな味や店の発見があり、楽しめた」と振り返る。今はスタンプラリー2巡目をゆっくり挑戦中だ。

 認定証以外にもスタンプ6個で缶バッジ(千人)、10個で沖縄そばシール(200人)がもらえる。ゆっくるのスタッフ・畑井モト子さんは「行きつけ以外のお店を訪ねるきっかけになり、商店街も盛り上がる」と企画の狙いを話す。

 参加店からの評判も上々だ。琉球料理の店「亜砂呂(あすなろ)」の上原昇さんは「常連以外のお客さんも増えた。食べ比べて、味の特徴に気付くとおもしろい」と話した。

 スタンプラリーの台紙はゆっくる、那覇市役所、スタンプラリー参加店などで配布している。問い合わせはゆっくる、電話098(943)2110。