沖縄そばを麺から作る人数のギネス世界記録に挑戦するイベントが9日、浦添市の仲西中学校体育館であり、324人の記録を達成した。2013年に大阪府で達成されたうどん作り302人の記録を上回った。

沖縄そば作りでギネス記録に挑戦した参加者=9日、浦添市・仲西中学校体育館(田嶋正雄撮影)

 小麦粉から生地をこねて切って麺にするまでの工程を参加者一人一人が行うルール。午前10時すぎ、会場に集まった親子連れらがエプロン姿で競技スタート。約3時間かけて沖縄そばの麺を完成させ、集計係から記録達成が発表されると、会場から大きな拍手が湧いた。集計後は自分で作った沖縄そばを試食した。

 宜野湾市から参加した長田小4年の石原田来良(らいら)君(10)は「ギネス記録挑戦のイベントに前から参加してみたかった。達成できて、とってもうれしい」と喜んだ。同4年の小波本兼伸君(9)は「沖縄そばを麺から作るのは初めて。自分で作ったからか、麺の歯応えもいつもと違っておいしい」と笑顔で味わっていた。達成した記録は審査機関に申請し、正式なギネス認定は11月になる見込み。