【北部】本島北部地域の議長で構成する北部市町村議会議長会が、15日に予定する理事会と本年度第1回定例総会後の懇親会を、米軍キャンプ・ハンセン内のレストランで実施予定だったことが8日分かった。同日、一部議長の指摘を受け、会場を変更した。ハンセン内での懇親会開催を批判した議長は「沖縄の本土復帰の日に基地内で懇親会というのはふさわしくない」と話した。

 同議長会事務局によると、総会は年に4回開かれ、各地区の持ち回り。懇親会場は開催地の議会事務局に任せている。これまでは総会の会場か近隣の飲食店で実施しており、「基地内ではなかった」。

 15日の総会は金武町での開催で、総会は町立中央公民館で実施する。

 同町の議会事務局は「公民館だと懇親会の準備に時間がかかる。議長らの要望を踏まえた飲食店も空きがなく、相談した結果、ハンセン内のレストランとなった」と釈明。一部議長から「ふさわしくない」との指摘で一転、同公民館で実施することになった。