大学生など20代の若者を狙った「名義貸し」の被害が県内で広がっている問題で、沖縄名義貸し事件被害弁護団(団長・折井真人弁護士)は10日、那覇市松尾の沖縄弁護士会館で無料の相談会を開いた。信用の向上をうたい文句に、県内在住の男性に金を貸した債権者の若者や保護者など約100人が参加した。弁護団は被害者が少なくとも500人に上ることを説明し、速やかな相談を呼び掛けた。

名義貸しのイメージ

 折井真人弁護士は「現時点で被害者救済のために活動している団体は我々のみだ」と説明。弁護団以外の団体が、「貸した金を取り戻す」などと呼び掛ける相談は詐欺の疑いが強いとして、絶対に応じてはいけないと訴えた。

 その上で折井弁護士は「被害の実態を把握するため、引き続き情報提供や相談会への参加をお願いしたい」と呼び掛けた。

 弁護団は24日と来月8日にも相談会を開く予定。弁護団ブログはhttp://okinawalaw.ti-da.net/