シンガー・ソングライターの佐野元春さんが7日、自身のフェイスブック上で「米軍基地問題で、また、この地が引き裂かれている」などと、名護市辺野古沖の大浦湾の海上写真と共に投稿した。

名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 「境界線 佐野元春」という書き出しではじまる投稿は、辺野古へ向かう道中で、「本来絆で結ばれているはずのこの地。誰がその絆を壊しているのか」など思いをつづっている。最後は「どんなリーダーも信じない」という言葉で締めている。

 投稿に対するコメントは100件近くに上り「沖縄に思いをありがとうございます」「ゲート前の反対派集団に何を感じたのですか?」などの意見が並んだ。