10日午前8時35分ごろ、沖縄県宜野湾市内の民家で、隣接する敷地で解体していたブロック塀が崩れ、この家に住む84歳女性が下半身を挟まれる事故があった。女性は骨盤骨折などのけがを負い、病院へ搬送されたが、同日午前10時53分に死亡が確認された。

女性がブロック塀に挟まれた事故現場=10日午後3時2分、宜野湾市

 宜野湾署によると、事故現場では同日午前8時半ごろから、作業員3人がショベルカーを使って塀の解体作業をしていた。作業開始直後、何らかの理由で解体していた塀が女性宅側に崩れ、側にいた女性が下半身を挟まれたという。

 同署が解体作業方法に問題がなかったかなど、業務上過失致死の疑いも視野に事故原因を詳しく調べている。