【東京】江崎鉄磨沖縄担当相は8日の閣議後会見で、大型MICE施設の関連経費としてソフト交付金を活用するには、県が需要や収支、周辺環境の整備など、根拠をもって具体的に示す必要性を指摘した。 江崎氏は「現在、(県は)基本設計に要する経費にソフト交付金の活用を希望している。