前原民進党は船出と同時に2度もつまずき、いきなり窮地に立たされてしまった。 山尾志桜里元政調会長で内定していた幹事長人事を、両院議員総会の直前になって差し替えたのが第1のつまずき。「若手大抜てき」に党内から不満が噴出し、その最中にスキャンダルが表面化した。