プロバスケットボールTKbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは9日、沖縄市体育館でプレーオフ(PO)西地区準決勝第1戦を同地区3位の浜松・東三河フェニックスと戦い、延長戦の末に69-71で敗れた。

キングス-浜松 第1Q、キングスの並里成がレイアップシュートを放つ=沖縄市体育館(金城健太撮影)

 40分の激闘を終え65-65。5分の延長戦に入り、69-69で鳴った試合終了のブザーと同時に、浜松の2点弾がリングに吸い込まれ、キングスの負けが決まった。

 このほか、西地区は滋賀、東地区は岩手、新潟が先勝した。

 第2戦は10日午後1時から同体育館で行われる。キングスは第2戦に勝利し、その後の最終決定戦(前後半5分ずつ)にも勝つことで、東西両地区の上位2チームで争うPOファイナルズ(東京・有明コロシアム)進出が可能になる。(観客数3339人)