【名護】台所にはれんがで造られたカマド、天ぷらや揚げ豆腐などを入れる柄付きの竹かご「サギジョウーキ」、直径1メートルの大鍋「シンメーナービ」など戦前・戦後の生活用具がある名護市我部祖河区の屋号「ヘシキヤー(平敷屋)」。23歳で嫁いだ平敷英子さん(80)は「いろりもあり、冬は暖を求めて地域の人が集う。