1944年8月の対馬丸撃沈事件の後、多くの遭難者や犠牲者が漂着した鹿児島県奄美大島・宇検村の元田信有村長(64)と村職員が9日、那覇市の対馬丸記念館(高良政勝理事長)を訪れ、沖縄の生存者から当時の状況を聞いた。奄美では戦時に日本軍に敷かれたかん口令などの影響で、事件を継承する語り部が少なく、郷土誌への記録も限られているのが現状という。記念館訪問は沖縄で詳細な証言を得ることで、奄美での慰霊碑建立や村史編集などに生かすのが狙いだ。

元田信有宇検村長(右)の聞き取りに答える対馬丸事件生存者の(右2人目から)當眞秀夫さん、平良啓子さん、高良政勝さん=9日、那覇市・対馬丸記念館

 体験を話したのは撃沈現場から約150キロの漂流を経て、宇検村に流れ着いた沖縄市の當眞秀夫さん(85)と大宜味村の平良啓子さん(80)ら。

 當眞さんは対馬丸の甲板で米潜水艦の魚雷に吹き飛ばされた友人の様子や、自身も両足に大けがをしたこと、同じいかだにしがみついていた6人のうち自分だけ生き残った罪悪感などを証言。「8月とはいえ、夜の海はぶるぶる震えるくらい寒かった。足のけがは治ったのに、寒くなると痛む」と語った。

 同乗した兄と祖母、いとこを失った平良さんは奄美の人々が救助に加え、犠牲者を一人一人埋葬し、墓標を立てたことなどを指摘。「奄美の皆さんの行動を、ぜひ子どもたちに語り継いでほしい」と要望した。

 対馬丸は鹿児島県・悪石島沖で米軍の魚雷を受け沈没。長崎に向かっていた学童や民間人ら1485人(氏名判明分)が死亡した。宇検村、大和村、実久村(現瀬戸内町)では20人余が保護され、100人以上の遺体が引き揚げられたとされる。

 初めて来館した元田村長は「対馬丸で何を語るのか、次世代に何を残すのか。聞き取ったことを持ち帰り、しっかり議論していきたい」と語った。この日はほかに、数年前に亡くなった生存者の娘にも面会した。10日は大和村にたどり着いた当時10歳の上原清さんから話を聞く。