名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は10日、ボーリング調査用の大型作業船やスパット台船を大浦湾から退避させた。台風6号接近のためとみられる。フロートやオイルフェンスの一部も撤去した。キャンプ・シュワブゲート前でも、抗議の市民が台風の接近に備えてのぼりや横断幕を取り外した。

フロートやオイルフェンスも一部が撤去された=10日午前11時半ごろ、名護市辺野古のキャンプ・シュワブの浜