県歯科医師会の新しい役員に就いた真境名勉会長と米須敦子副会長、松島一夫専務理事が6日、沖縄タイムス社を訪れた。真境名会長は「行政や地域、学校などと連携しながら歯科検診を普及させていきたい」と抱負を語った。 同会は県内の歯科医師約450人が会員。6月25日に役員が改選され新体制がスタートしている。