第103回春の全島闘牛大会(主催・沖縄県闘牛組合連合会、後援・沖縄タイムス社)が10日正午からうるま市石川多目的ドームで行われた。闘牛界のオールスターが出場するビッグイベントとあって、対戦開始2時間以上前から続々と観客が詰め掛けた。定刻前には大入り満員となり、普段は使わない2階席にまで観客があふれた。

沖縄全島一に返り咲いた古堅モータース☆若力と優勝旗を手にする牛主の佐久川政秀さん

闘将ハヤテ(左)の“腹取り”攻撃を“首もたせ”で防戦する勝進龍=うるま市石川多目的ドーム

沖縄全島一に返り咲いた古堅モータース☆若力と優勝旗を手にする牛主の佐久川政秀さん 闘将ハヤテ(左)の“腹取り”攻撃を“首もたせ”で防戦する勝進龍=うるま市石川多目的ドーム

 恒例の開会式の後、対戦の火ぶたが切られ、13取り組みが繰り広げられた。勝負が付く迫力場面では大歓声やどよめきが再三で、観客は延々4時間余りにわたって闘牛の醍(だい)醐(ご)味(み)をたっぷりと堪能した。

 注目を集めた三つのタイトルマッチ(重量級、中量級、軽量級)は軽量級と中量級は、現チャンピオンの防衛となり、重量級は前王者の返り咲きとなった。重量級全島一は前チャンピオン古堅モータース☆若力が現チャンピオン東立成号の間で争われたが、結末はまさかの幕切れに。対戦開始と同時に始まった巨漢牛同士の迫力満点の押し合いに、観客の目はくぎ付けとなり、見応え十分だった。

 観客の肩が揺れる一進一退の攻防だったが、次第に若力が優勢となった。場内がざわつき始めた3分すぎ、勝負に突然の幕。奮戦していた東立成号がいきなり、脱(だっ)兎(と)のごとく戦列を飛んだ。まさかの敗走に場内に大きなどよめきが起き、この瞬間若力にまさにビッグな白星が転がり込んだ。若力は労せず9勝目(1敗)を挙げ、1年ぶりの王座復帰(昨年5月以来)を果たした。

 中量級は闘将ハヤテが勝進龍との死闘(両牛、疲労困憊(こんぱい))を制した。最終局面で放った勝負を決める割り技一発。鬼気迫る形相で勝負への執念を見せたハヤテが8度目の王座防衛を果たし、デビュー以来無傷の13連勝とした。軽量級も無双宇良部親方が荒技牛風神ボロジノに完勝した。これまで3戦連続で大技を見せつけ、荒法師の異名を取ってきたボロジノの“技”を親方が強い首力を生かして完封した。親方は初防衛(宇良部は現在2度目の王座で通算では2度目の防衛)達成した。(又吉利一通信員)

……………………………

 対戦動画を閲覧できます。http://togyu.ti-da.net/e7558249.html