旧暦(きゅうれき)の8月15日、県内では各地で五穀豊穣(ごこくほうじょう)や無病息災を願う祭りが行われます。「村芝居(しばい)」や「豊年祭」と呼(よ)ばれ、当日は各集落で組踊(くみおどり)が上演されます。どのような作品が演じられてきたのでしょうか。