2年連続開催のなでしこリーグ公式戦で、ベガルタ仙台レディースの県勢2選手が躍動した。 入団3年目のDF高良亮子は、サイドバックとしてリーグ屈指の攻撃力を誇るINACに立ち向かった。「いつもと変わらない試合のつもりで戦ったが、負けて悔しい」と今季初黒星に表情を曇らせた。